新聞・雑誌広告 ポスター パンフレット DM ロゴ・シンボルマーク 新聞折込チラシ 印刷物全般 広告制作のトレンディ

下層ページイメージ

ひとりごと,折込チラシ

チラシって今時どうなのよ!?

2016年06月21日
max16011542-2_TP_V

SNSを使ったプロモーションや、ネット広告、

ホームページにとインターネットを 使った広告の目新しさに、

 

チラシの効果ってどうなの?

 

今更流行らないんじゃないの?

思っている人。

いますよね。

ある意味当りと言えば当りなのですがちょっと遠くから眺めると

その全体像が見えてきます。

概算で年間、全体でいうと6兆1000億円程の広告費が使われています。

そして実はその額は4年連続で増えてたりします。

参考 / 2014年 日本の広告費|プロモーションメディア – ナレッジ&データ – 電通

 

その中で インターネットの広告費は2014年時点で全体の17% すごいですね1兆円超です。

折り込みチラシやDMを合せた広告費の全体の14% 8,600億円ほど。

まぁこれでもすごい額ですね。

はやり廃りのある広告業界ですが 実は折り込みチラシやDMはそれほど減っていないんです。

理由はずばり、便利だから!!!

 

DMやチラシ岳で完結せずインターネットやアプリなどとつなぐ道として 使っていたり、

他のメディアと組み合わせたりして使うことで高い効果を あげているようです。

 

電池も必要ないし、軽いし、作るのも割と容易で、安価!

 

直接手に持って運べる紙の広告 こんな便利な物はなかなかないんですね。

 

業界別に見ますと広告費の伸び率が下がっている業種も多いですが

 

反面伸び率が上がっている分野もあります。

自分の業界はどうでしょうか?

 

ちょっと調べてみると チラシと意外な親和性があるかもしれません。

 

DMを送りたいけど、リストが…。

 

なんて人もおられるかもしれませんが、

郵便局がやっているエリア指定が出来る タウンプラスなんてサービスもあります。

 

リストを持ってなくても送れちゃう!!っていう面白いサービスです。 https://dmfactory.biz.post.japanpost.jp/townplus/

 

紙媒体での広報に限界を感じているけど

 

まだまだその使い道には多くの可能性が眠っているように思います。

 

チラシやカードのデザイン、折込からARや動画、

ウェブとの連携まで 弊社

 

 

トレンディにご相談ください。

まずは自社の商品の強みを見つけて お客様に伝えてみませんか!!

 

スタッフNO15