新聞・雑誌広告 ポスター パンフレット DM ロゴ・シンボルマーク 新聞折込チラシ 印刷物全般 広告制作のトレンディ

下層ページイメージ

ひとりごと,折込チラシ

“トレンディマンスーパー”の巻

2018年08月24日
ブログ.11

ブログ.11
土曜日折込チラシ激安印刷のトレンディです。
No.2

ひとりごと,折込チラシ

バナナは皮を食べている

2018年04月09日
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

皆さん、一番良く食べる果物の代表と言えば何でしょう?
おそらく「バナナ」と答える方は多いと思います。
このように身近な「バナナ」ですが私達はあまりバナナの事は
あまりよく知らないようです。

私達が果肉と思って食べている部分…あの部分は実は皮。
剥いているのは外果皮で食べる部分は内果皮が厚くなったもの。
バナナの原種には種があるのですが食用バナナには種が無い。
つまり私達は突然変異で種が無くなったもの。
これが美味しかったので大切に株分けで育てられ
世界中で食べられるようになったのです。

株分けという事は「クローン」ですね。
単一の遺伝子という事は強力な病害が発生すると絶滅の危険があります。
実はバナナ(グロス・ミシェル種)は一度1950年に全滅しています。
今私達が食べているバナナはその後の何年もの研究により発見された
病気に耐性をもつバナナ(キャンベディッシュ種)なのです。

弊社の制作するチラシでは毎回掲載する「バナナ」。
今ではありふれた商品と思われがちですが
こういった歴史を知るとちょっと見る目を変えて頂けるのでは
無いでしょうか。

土曜日折込チラシ激安印刷
株式会社トレンディ
〈staff no.13〉

折込チラシ

ある日のニュースで気づいた事。

2018年02月02日
website_news

こんにちは。
 
先日のニュースの事です。
 
2018年3月末で、東芝が国民的アニメとされる
「サザエさん」のスポンサーを降板する事が決まった
という内容でした。
 
syouwa_tv_old
 
1969年10月にフジテレビ系で放送が始まってから
経営悪化の時期も変わらず、48年間にわたって
CMを提供してこられたそうですが、ついに
今年、経営合理化を理由に降板されるんだそうです。
 
それにしても48年間CM提供の継続というのは、
すごい歴史ですよね。
 
 
このニュースを見た時に、これは私だけかも
しれませんが、”東芝”という会社名を聞いた時、自然と
“サザエさん”のイメージがふっと頭をよぎりました。
 
なぜこの様にイメージが、”東芝=サザエさん”と直結
したんだろうと冷静に理由を考えた時に、今まで提供
されていたCM広告の影響だと思いました。
 
もちろん東芝は、とても価値のある商品を次々と販売
されている大手企業なので、頭からふっと出てきても
不思議ではありませんが、今回のように会社名と何かが
直結した形でイメージを人の記憶に残すというのは、
簡単なことではないと思います。
 
 
会社名を覚えてもらうための作戦として48年間の
CM提供はとても効果があったということですね。
 
ochanoma_smile
 
このように、広告を出している会社と、広告を出して
いない会社で大きな差が出ている事を、改めて実感しました。
 
頭の中から会社名が出やすいのはどちらかと
聞かれたら、やはり高確率で広告を出している会社の
方が、会社名は出やすいかと思います。
 
でもCM広告なんて、高額な広告宣伝費を捻出するのは
並大抵の事ではありません。
 
チラシは広告宣伝費の中でも、比較的安価な媒体です。
御社の会社名を覚えて頂くための方法として、チラシ
をご検討されませんか。
 
ご検討の際には、弊社トレンディへお声かけ頂ければ
幸いです。
 
 
土曜日折込チラシ激安印刷
株式会社トレンディ
〈staff no.17〉

ひとりごと,折込チラシ

和語の数え方

2017年06月21日
040

皆さん、数字を数えるとき
普通は「いち に さん…」と数えますよね。
でも、もう一つありますよね。

ひぃ ふぅ みぃ…これも時々使います。

にじゅう→はつか
さんじゅう→みそぢ

 

えっ、ワン ツー スリー???
いやいや日本語でものを数える時というくくりでの話です。

 

日本語の数の読み方には、2つの系列があって
前者は「漢語系列」、後者は「和語系列」。

日本語に古代中国の漢字が流入する前、「大和言葉」(和語)

なるものが存在しており、その和語の名残が

「ひぃ ふぅ みぃ…」という数え方に残っています。

 

 

さて、「ここのつ」「とを」のあとは?
11→「とを あまり ひとつ」
21→「はつか あまり ひとつ」
31→「みそぢ あまり ひとつ」
こんな感じで続きます。

 

じゃあ0…漢語「零」(れい)にあたる和語は?
もしかして…ぜろ?→コレは英語のZEROですね。
なんと0にあたる和語は存在しないそうです。
「大和言葉」(和語)が話されていた古代には
日本に「零」「ZERO」にあたる概念がなかったのです。

 

 

大人が「ひぃ ふぅ みぃ…」と数えるとちょっと子供っぽい感じもしますが
なんとなく古を伝える風流な響きでもありますね。

 

 

トレンディの得意とするチラシの分野でも
「はつか市」「みそか市」.etc…などセールタイトルとして
根強く残る和語の数え方。

 

毎年、新語や流行語が登場してはすぐ消えていきますが
数千年の時を超えて残っている和語の由来や日本語のみやびを
感じながら使うのも面白いですね。

 

staff no.13

ひとりごと,折込チラシ

お宝発掘!!

2016年09月13日
%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e8%a8%98%e4%ba%8b0913

また暑い日があるものの、ずいぶんと涼しくなってきました。

 

気温差が大きく、同じような格好で寝ていると、風邪を引いてしまう そんな時期です。
京都駅を歩いているとマスクをしている人も ちらほら見かけるようになりました。
そんな時分ですが、福井にある恐竜博物館に行ってみました。
下調べをあまりせずに行ったのですが、その広さにびっくり!!かなりの数の骨格標本や、見学コーナーがそろい想像以上に楽しめました。「トリケラトプスは「トリ」が3、「ケラ」が角、「トプス」が面、顔という意味」「恐竜の色は全て創作です」

そういう小ネタを同行した詳しい方に聞きながら回りました。
職業柄、そういったところに必ずおいてあるパンフレットや資料を手に取ってみると それぞれ用紙に違いにふむこれは! などと心の中で思う訳です。

光沢・マット、上質などそれぞれ用途によって使い分けるのですが 使い方にはある程度決まりがあったりします。 新聞折込チラシにはB4のコートの53kg〜が一般的。
これは新聞のサイズにピッタリ入るのと、大量印刷に向いており、 それでいて安価であるという事で大変よく使われています。

もちろんこれをさらに厚みのある紙に変更して 印刷費が倍になっても 倍以上の効果をあげられれば問題ない訳です。 土曜にはかなりの厚みの折込チラシが家に届きますが、その時に明らかに 他とは違う質感の折込チラシが入っていたら、きっとそれを手に取った人は あれ?っと引っかかりを覚える事でしょう。

逆に薄い紙でも他と何かしらの差別化を図れればお金をかけなくても 目立つ事は可能かもしれません。

とはいえチラシは回数と部数が基本と言われています。 「売れるチラシ作り!!」などとうたう書籍が沢山あります。 一本のチラシで大量の顧客が来た!という実例がのっていたりしますが ウソではないとは思いますが、誰しもがまねをしてうまくいく物でもないと思われます。
群雄割拠の恐竜時代の大型恐竜も 今は化石が残るのみ 何にせよ、知ってもらうためには 情報発信をするしかありません。 チラシの購読者のみなさまは、チラシの中のお宝情報を 日々発掘するべく目を光らせているかもしれませんね。

土曜日折込チラシ激安印刷
株式会社トレンディ
〈staff no.15〉

ひとりごと,折込チラシ

チラシって今時どうなのよ!?

2016年06月21日
max16011542-2_TP_V

SNSを使ったプロモーションや、ネット広告、

ホームページにとインターネットを 使った広告の目新しさに、

 

チラシの効果ってどうなの?

 

今更流行らないんじゃないの?

思っている人。

いますよね。

ある意味当りと言えば当りなのですがちょっと遠くから眺めると

その全体像が見えてきます。

概算で年間、全体でいうと6兆1000億円程の広告費が使われています。

そして実はその額は4年連続で増えてたりします。

参考 / 2014年 日本の広告費|プロモーションメディア – ナレッジ&データ – 電通

 

その中で インターネットの広告費は2014年時点で全体の17% すごいですね1兆円超です。

折り込みチラシやDMを合せた広告費の全体の14% 8,600億円ほど。

まぁこれでもすごい額ですね。

はやり廃りのある広告業界ですが 実は折り込みチラシやDMはそれほど減っていないんです。

理由はずばり、便利だから!!!

 

DMやチラシ岳で完結せずインターネットやアプリなどとつなぐ道として 使っていたり、

他のメディアと組み合わせたりして使うことで高い効果を あげているようです。

 

電池も必要ないし、軽いし、作るのも割と容易で、安価!

 

直接手に持って運べる紙の広告 こんな便利な物はなかなかないんですね。

 

業界別に見ますと広告費の伸び率が下がっている業種も多いですが

 

反面伸び率が上がっている分野もあります。

自分の業界はどうでしょうか?

 

ちょっと調べてみると チラシと意外な親和性があるかもしれません。

 

DMを送りたいけど、リストが…。

 

なんて人もおられるかもしれませんが、

郵便局がやっているエリア指定が出来る タウンプラスなんてサービスもあります。

 

リストを持ってなくても送れちゃう!!っていう面白いサービスです。 https://dmfactory.biz.post.japanpost.jp/townplus/

 

紙媒体での広報に限界を感じているけど

 

まだまだその使い道には多くの可能性が眠っているように思います。

 

チラシやカードのデザイン、折込からARや動画、

ウェブとの連携まで 弊社

 

 

トレンディにご相談ください。

まずは自社の商品の強みを見つけて お客様に伝えてみませんか!!

 

スタッフNO15

ひとりごと,折込チラシ

トレンディマンを探せ(3箇所)

2016年01月29日
オムニチャンネル

タイトルはイメージです。

突然ですがオムニチャンネルが今日の話題

 

「オムニチャンネル」

という言葉を聞いて ぴーんと来た人 あなたはなかなか経営や流通についてお勉強なさっているのでは? 最近は某有名コンビニ等が実際にオムニチャンネルでの広報・販売戦略を進めていますね ココ数年よく聞く言葉になってきました。

 

オムニはオムニバス(元はラテン語)等に使われる、全体や一つにまとめるを意味します。 つまりオムニチャンネルというのは既存の販路や方法を一つに統合するということです。 それぞれ別のマルチな販路としていたものが お店にある物が、インターネットでも実店舗でも同じように買える。 在庫切れの物でも、グループ店舗のものがあればネットで注文して、近所のコンビニで受け取れる。 既存の流通では倉庫ー店舗ー売れなかったら価格を下げるー廃棄という流れでしたが そこに売れ行きの違う店舗と店舗でも商品を融通し、購買の機会損失を減らすことができるかもしれません。

ネットはネット、店舗は店舗、DM専用商品、いろいろありますが マルチで持っていた入り口を統合していくことで、結局のところ、

利用者が便利になった これが重要ですね

今後はさらにはいつも買ってる物がなくなったら自動購入する。勝手に届けてくれる(書籍の定期購読みたいなものですね) そんな時代がすぐそこに迄来ていると言えるでしょう。あらやだ、玉子きれちゃったわ、プリンタのインク切れて 使えない…。なんてことがなくなるのです。 この辺はIoTとかわってくるので割愛しますが、いままさに変化していると言った様相です。

広告も多角化して、店頭はもちろんですが、折込チラシだけでなくウェブでもチラシを載せている。 という弊社のクライアントさんも沢山いるようです。 オムニチャンネルって結局何すればいいの? その答えは時代の要求に対応していけば 自然となる物かもしれません。 忙しいから、これ以上の仕事は無理 売り上げ下がっていないし、このままでいい。

けど、ココから先は分かりません。 時代が大きく変化してますから。 そこで重要になるのはまずは 広告にも多くのチャンネルを持つ事が重要かも知れません。

チラシアプリを入れたけど、ちょっとみずらくてやっぱり折り込みチラシの方がいい そういう話もよく聞きます。

新聞はとってないけど、広告は見たいのよねぇ!っていう奥様!!

 

いらっしゃいます。

 

某有名チラシアプリも検討したけど、閲覧ベースで課金されるので、なかなか参入は難しい。

そんなスーパーや小売店の経営者の方にお勧めなのがこれ!!

チラシプラス!!

http://www.chirashiplus.jp/

 

これのすごいところがプッシュ通知送れるんですよ。

昔は携帯会員になってもらってという流れでしたが アプリではちょっと違います。メールアドレスの登録やドメイン設定なんてありません。

メッセージはアプリ内に届くので、 メールボックスが広告だらけになるような事もありません。

ちょっと仕入れすぎちゃった商品を思い切って値下げ!! けどチラシの締切時間は過ぎちゃったし…。 そんなときにスタッフの方がスマホから アプリをインストールしている人に ダイレクトに広報情報を発信できるんです。 まずはマルチでチャンネルを持つ。

 

つまり、今はない店舗の入口を持つことが今後の広報では 必須になってくると思います。

そこを現実とネットをどのように統合していくか という事になります。

まだアプリで情報発信していない皆様 弊社で承っております。 チラシプラス。

興味のある方はご連絡下さい。

 

 

そしてもちろん、折込チラシのご要望も!!

スタッフナンバー15

印刷物全般,折込チラシ

トレンディマン参上の巻

2015年10月23日
ブログ

ブログ

 

 

土曜日折込チラシ激安印刷のトレンディです。
突然はじまりましたトレンディマンの活躍を是非お楽しみに!
STAFF No.2

折込チラシ

敬老の日

2015年09月26日
4e75516fc4cb003c172cc9b3b055274a_s

みなさん、シルバーウィークはいかが過ごされましたか?

行楽には良い季節になってきて、

どこもたくさんの人出でした。

次回のシルバーウィークは11年後の2026年という事で、

少しさみしいですね。

 

そして、21日は『敬老の日』でした。

高齢者に敬意を示す祝日は、日本以外の国にはないらしいです。

日本の65歳以上(高齢者)の人口は2015年9月15日時点で

3384万人となり、総人口比は26.7%となりました。

そこで、高齢者の情報源は何なのか、調べてみました。

高齢者における情報源のトップはテレビ、次いで新聞。

次いで家族→友人や近所の人→チラシやダイレクトメールが続き、

そしてようやくインターネットや携帯電話が続くみたいです。

 

 

昨今は新聞普及率が下がってきている様ですが、

まだまだ情報源としての役割は大きいです。

そして、折り込みチラシもまた、 その役割は

老若男女問わずとても大きいです。

食品スーパーのチラシ、

ホームセンターやドラッグストアのチラシ、不動産のチラシ・・・。

地域に密着した情報を求めている方々に

折り込みチラシで情報を発信してみませんか?

 

土曜日折込チラシ激安印刷

株式会社トレンディ

〈staff no.12〉

折込チラシ

キャッチコピー

2015年07月24日
A_Portrait_of_Kyūkei_Hiraga_cropped

梅雨も空け、祇園祭の山鉾巡行も終わり、

いよいよ暑い夏がやって来ました。

そして今日は土用の丑の日!

新聞の折り込みチラシには

おいしそうな匂いが煙にのって漂ってきそうな

うなぎの写真がたくさん載っています。

 

土用の丑の日の由来は諸説ありますが、

一番有名なのが、みなさんご存知ですよね。

江戸時代、夏場の売り上げ不振に悩んだうなぎ屋に請われて

平賀源内が「本日土用丑の日」という

日本最古といわれるキャッチコピーを考案し、

その大きな看板を見た客を次々と引き込みうなぎ屋は大繁盛となり、

それから土用丑の日にうなぎが食べられるようになった説です。

 

現代でも、大きな看板ではないですが、

ビレッジバンガード等の商品POPは、

自由すぎるかなりユニークなキャッチコピーで

思わず手にとって見てしまいますよね。

 

「売りたい商品」を、工夫ひとつで「売れる商品」にしてしまう平賀源内の知恵。

大きな看板や店内POPもいいですが、

街に出なくても購買意欲を刺激できる毎日届く折り込みチラシで

消費者の心をキャッチしませんか?

会社からいただいたうなぎを食べて元気100倍の

八人の平賀源内が待ってます!

 

土曜日折込チラシ激安印刷

株式会社トレンディ

〈staff no.12〉

1 / 212