新聞・雑誌広告 ポスター パンフレット DM ロゴ・シンボルマーク 新聞折込チラシ 印刷物全般 広告制作のトレンディ

下層ページイメージ

ひとりごと

姫路城

2015年11月27日
himeji

こんにちは。

いよいよ本格的な冬がやってきました。

皆様お風邪など召されませんように

お大事になさってくださいませ。

 

ところで、世界遺産・国宝『姫路城』に行かれた事はありますか?

私は地元なので、子供の頃遠足などで何回か行った事があります。

そして、今年3月「平成の大修理」を終えて

大天守が真っ白に生まれ変わった姿は

みごと「白鷺城」という愛称にふさわしい佇まいです。

さすが「死ぬまでに行きたい世界の城」2位!

 

そして、今、姫路城では新しい見どころをCHECK できる

「姫路城大発見アプリ」が人気です。

AR(拡張現実)やVR(フルCG)による復原CGによって、

現存しない建物が再現され、在りし日の姿を見る事が出来て、

「見えないものが見える」と観光客に好評です。

AR技術は各地で導入が進んでいます。

 

 

『本当に真っ白な城の姿を見られるのは最初の1・2年の間だけ』

という事ですので、 是非一度姫路に足をお運び下さいませ。

そして『姫路おでん』食べてみてくださいねヾ(o´∀`o)ノ♪

 

 

AR広告も受付中!

土曜日折込チラシ激安印刷

株式会社トレンディ

〈staff no.12〉

ひとりごと

あなたをの商品イメージをアップするための7つのこと

2015年11月21日
trendy

秋晴れですね

連休で多くの人が京都には訪れています。

商いをなさっている方はお忙しい時期になるのでしょうね。

さて、広告に取って切っても切れないもの それは写真です。 自分のお店の写真や商品をかっこ良く撮影したい。

けど、プロが撮った写真となにか違う・・・・。

そんな悩みをサクッとスマホで解決 というのも良いのですが 一眼レフカメラを買ってみる!!

という選択肢もありかと思います。

一世代前のカメラですと5万円程度でもそこそこの デジタル一眼レフカメラを買うことができます。 買ったわいいけど使い方がわからないということも多いと思いますので おすすめの撮影の仕方を紹介したいと思います。

 

1マニュアルで撮影!!

自動で撮ったらそりゃ素敵な写真が取れちゃうんです。マニュアルで撮影し失敗することで あーなるほどここをいじるとこうなるのね、という経験を積むことができます。 写真は撮影した数だけ上達すると思いますよ。

 

2絞りを開け!!

なにそれと思ったかた、大丈夫です。カメラの撮影の時にF3.5とか出ているあれです。 それを小さい数字に変えてみてください。そうすると素敵な”ボケ”が生まれます。

 

3露出はチョイあげ!!

露出というのはカンタンにいうと明るさです。 真っ白になってしまったら元も子もないのですが暗い写真よりは 印象が良いです。

 

4見せたいところにピントを合焦!!

写真の一部分が綺麗にボケた写真はそれだけで雰囲気がありますが見せたいところにきちんとピントがあっていると その写真を見た人はきっと、そこに目線が自然と動いてしまうことでしょう。 人の目はぼやけている部分よりはっきりしているところに生理的に向かってしまうのです。

 

5撮りたいものの後ろは空間を開ける

ヌケの良い写真とか言うんですが、撮影したものの後ろに壁などがあるのと空間の広がりを感じず 少し狭苦しい印象になってしまいます。撮影したいものを置くときは背景に少し空間があるところのほうが 良いでしょう。

 

6たくさん撮ってあとで選ぶ

狙った一枚ってなかなか取るのに時間がかかるものなんです。 プロの現場でも、決まった時間の中で取らなきゃならないカット数をこなすために 時間ギリギリまで撮影します。世に実際にでる写真の10倍以上は撮影してます。 でも案外1枚目が一番良かったなんてこともありますが、少しずつ撮る方向や設定を 変えながら何枚かとってその中から選ぶことで質が高いものとなるでしょう。

 

7それでもダメならプロに頼む

そうなんです、そう。カンタンには撮れないんですよね…。 これぞという写真はやはりプロにお任せするのが一番です。 名刺に入れる写真や料理写真、HP社長さまの写真。 スマホでパチリもいいですが、ブランディング力を高めるなら そういう細部ほどこだわる必要があると思います。

 

 

☆最後に☆

弊社、トレンディでも撮影からデザイン、印刷までワンストップで製作いたしますので お困りのことがありましたらまずはご相談下さい。

 

お問い合せは こちら

 

スタッフNO15

 

印刷物全般

白湯のめば 肝臓助かり 医者要らず・・・

2015年11月18日
yakan3

 

白湯のめば 肝臓助かり 医者要らず・・・

秋も深まり、朝晩の寒さも少し厳しくなってきましたね。

風邪…ではないけれど少し体調がすぐれないなんて日があるのでは?
そんなとき、効果があるのが「白湯(さゆ)」。
白湯とは、普通のお湯のこと。

沸騰させたお湯を人肌ぐらいまで飲冷ました飲み物です。
水道水でも沸騰させる時に不純物が飛び口当たりも良い。殺菌もされて安心。
カラダが弱っているときでもしっかり飲むことができます。

 

さてその効果のモトは…内臓機能を温めること。
内臓の血流が大変よくなるから。内臓の温度が1度上がるとなんと免役力が

約30%上昇するそうです。
さらに私のおすすめは、生のショウガ、レモンなどをいれてアレンジ。
ショウガはカラダがポカポカ…レモンは香りだけでなく

デトックス効果もあるそうです。
食欲がない…など消化器系の不調を訴える方にはシンプルにひと塩。。。

血中の塩分濃度を正常に戻す事で消化器系はグッと引き締まり

パワーを取り戻します。

じーんわりポカポカ…皆様に吸収されて販促効果抜群!
そんな「白湯」のようなチラシ広告、販促ツールを目指して頑張ります。

 

土曜日折込チラシ激安印刷

株式会社トレンディ
〈staff no.13〉

ひとりごと

早めのご準備を…

2015年11月07日
post

もう11月という事で。
2015年もあと2ヶ月をきりました。

年末というと、年賀状の作成に
追われる方も多いのではないでしょうか。

毎年、今年こそは
早めに準備しておこうと思っていても
結局、出すのは大晦日の夜…なんて事も。

ところで、年賀状に使う言葉を
意識したことはありますでしょうか?

「謹賀新年」「迎春」「賀正」など、
いろいろな言葉が使われていますが、
実はそれぞれに違う意味があるみたいです。

本来、「賀正」「迎春」などは、目下の人宛の賀詞です。
四文字の「謹賀新年」「恭賀新年」は
「目下の人から目上の人へ」使う言葉だそうです。

つまり、会社の上司や年上の親戚に対する年賀状で
「賀正」「迎春」「寿」を使うのは、
よろしくないらしいです。

また、「新年明けましておめでとうございます」も
どうやらよろしくないみたいです。

『明ける』は、一定の期間や状態が終わり、
新しい状態になる・・・という意味で、
「新年明けましておめでとう」は、
新年が終わりましたという意味になるそうです。
正しくは、「新年おめでとうございます」、
「明けましておめでとうございます」らしいです。

でも本来間違ってると言われている使い方でも、
それが圧倒的多数の場合、
間違った使い方が市民権を得て
定着してしまうこともよくありますから
日本語って難しいですね。

トレンディは折込チラシだけでなく、
御社の年賀状作成もお手伝いいたします。
お考えの方はぜひトレンディまで!

staff no.16