新聞・雑誌広告 ポスター パンフレット DM ロゴ・シンボルマーク 新聞折込チラシ 印刷物全般 広告制作のトレンディ

下層ページイメージ

ひとりごと

三択あるとしたら、あなたは何を選びますか?

2017年04月13日
嵐山_人力車

こんにちは。
 
先日、友人と嵐山に行ってきました。
久しぶりに訪れましたが、やはりとても魅力的な場所でした。
 
友人が持って帰るお土産を、色々なお店で見て回り、
疲れたのでソフトクリームを食べ、今度は自分のポーチが
欲しかったとまた歩き回りました。
 
097443
 
ポーチの予算は1,000円前後で考えていました。
大きさもイメージを付けて、お店を巡りましたがなかなか
自分の希望のものに出会えなかったのです。
 
だんだん疲れてきて、諦めようかとよぎった時に
気に入ったデザインを数点見つけました。
ですが、予算をだいぶオーバーしてて、一旦店を出ました。
 
ポーチ3種

097445
 
普段あまり歩かない私が、歩き回ったのですから
疲労はいい感じです。
 
そんなこともあったのか、ついに決めて買ったポーチは、
1,800円程の商品でした。額はびっくりするくらい高くはない
にしても最初に決めていた予算より少し高くなってしまいました。
悩んでいる途中で考えていたことは・・・
 
選択1.金額を選ぶのか
選択2.金額よりデザイン(質)を選ぶのか
 
097442
 
 
そこで選択2.を選んだわけですが、消費者心理とは不思議ですね。
私の心理として今回のケースは、『松竹梅の法則』というんだそうです。
 
ポーチを購入する前に、各店舗で色々な金額とデザインを見てから
決めました。
 
人は複数の選択肢がある場合、一番無難な答えを選ぶ傾向があります。
例えば、商品売価:1,000円、3,000円、5,000円の商品が目の前にあれば
3,000円の商品が多く選ばれる傾向にあります。
 
例えば、A洗剤、B洗剤、C洗剤の中から選んでと言われて、
仮にこの中で使用したことのある洗剤があれば、よほどその洗剤に対して
納得できない事があったりしない限り、他の商品にも興味を持ちつつ、
多くの人が効能を知っている洗剤を無難に選ぼうと思いませんか。
 
つまり今回の私のケースは、金額やデザインを各店舗で確認に回った結果、
知らず知らずの内に一番無難な商品を選んだわけです。
だから、当初の予算より少しオーバーしていても「まぁいっかー」と
思って買ったのです。
もちろん、好みのデザインを選べたという大前提はあるのですが。
 
人の心理の法則は、他にも多くあります。
ご興味があれば、ぜひ調べてみてください。
 
 
土曜日折込チラシ激安印刷
株式会社トレンディ
〈staff no.17〉